韓国ワーホリ生活〜韓国でハスクとワンルームに住んだリアルな感想【部屋画像付き】

Bomi
アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・)

ワーホリ滞在中、大体の方は最初に契約した家で住み続けると思います。

私もその予定でしたが、ハスクで4ヶ月間過ごした後ワンルームに引っ越しをしました。

コシウォンに住む人が多いので、ハスクの事について知らない方も多いのでは?

 

実際に住んだからこそわかる!!

ハスクとワンルームのリアルな感想を画像付きで書きます!

画像は全て実際に住んでいた部屋の様子です

韓国生活最初の家でハスクを選んだ理由

ずばり食事が付いているから!

これだけでハスクに決めました。

初めての海外生活、全く知らない土地で何があるかわからない…

「もし、お金がなくなったとしても寝る部屋と食事さえあれば生活できる」と考えて、食事付きのハスクにすると最初から決めていました。

 

もはやサバイバル精神です。(笑)

 

日本では一人暮らしなので、こんな時じゃないと食事を作ってもらえる機会なんてないっ!!

毎日韓国家庭料理を食べれる機会もない!!

 

シャワートイレ共用は引っ掛かりましたが、寮生活とかをしたことがないので一度経験してみるのもありなんじゃないかと。

実際に住んだハスクの部屋

同じハスクの中でも部屋によって広さも家賃も違います。

私は、結構広めの部屋に住んでいました(^^)

ちなみにエアコンはないです。

(エアコン付きの部屋もあります)

9月からの入居でしたが、韓国は日本ほど残暑が厳しくないので扇風機で十分でした。

 

〈写真は入居前に見学に行った時です。〉

ベッドに布団がないですが入居の時に用意してくれます。

※注意:ペラペラの使い古しの布団

ベッドはダブルベッドです!!

カーテンはないですが、すりガラスの2重窓なので外からは見えません。

机も広くて勉強するのに十分な広さでした。
f:id:bm902:20190916172438j:plain
f:id:bm902:20190916172457j:plain

この部屋なにが凄いって壁一面が収納棚で、さらに反対側の壁上部にも収納スペースあり!!

スーツケースも何もかも収納できる!

荷物全部収納してもまだスペース余っていました。

ダブルベッドでも全然歩くスペースもあ利、友達3〜4人くらい呼べる程広かったです。

f:id:bm902:20190916172512j:plain
f:id:bm902:20190916172715j:plain

全身鏡もありました!

先ほどの壁一面棚の写真で、一部分丸見えなところがあるのはお分かりいただけますでしょうか?

おそらくそこの扉が取れたんだと…(笑)

 

隣の小さい棚の上には、入居日にテレビが設置されていました。

このご時世にまさかのブラウン管テレビですが(笑)

f:id:bm902:20190916173630j:plain

広くて必要なものは結構揃ってて、住みやすい感じの部屋でした!

ハスクのメリット

シャワートイレが部屋にない分、

部屋自体が広くて圧迫感がなく快適です

(部屋によっては、狭い場合もある)

物が多い人には、コシウォンだと収納しきれないのでハスクの方が良いかもしれません。

 

それと、なんといっても食事付きなところ!!

留学生テジ
さっきから食事付きめっちゃ推すやん…

 

自分で用意しなくてもいいのが本当に楽なんです!

まぁ、私がただのズボラってのもあります

生活していると徐々に友達も出来て、ハスクのご飯を食べなくなるから勿体ないという声もありますが、最初は友達がいなかったり勉強に追われて外でご飯を食べに行くこともないので、帰ってご飯があると思うと安心しますよ(^^)

食事付きという理由で、韓国の社会人も方も住んでいました!

 

生活に慣れてきて外食が多くなったら、その時に引っ越すというのも一つの手です!

ゴミ捨てや共用部の掃除など全て管理人さんがやってくれるし、全てにおいて楽でした。

ハスクのデメリット

これはやっぱり共用部分の不満ですね。

シャワー・トイレ・洗濯機のタイミングが被ったら違う階に行くか、待たなくちゃいけないので自分のタイミングで使えない。

洗濯機は、洗濯したまま外出していて終わっても取り出さないからいつまでも洗濯できない!!

(コシウォンも洗濯機は共用なので同じです)

まぁ、勝手に取り出して自分の洗濯しますけどね。

 

シャワーはたまに被る程度でしたが、誰かが使ったすぐ後ってなんか嫌ですよね?

 

トイレは夜中に飲みすぎて帰ってきたのか、誰かがトイレを占領してずっと吐いてたので、違う階に行くしかなく…

というちょっとしたトラブルがあったり…

 

冷蔵庫は、自分の部屋のスペースが確保されているわけではないのでみんな自由に入れ放題。

入れたまま忘れてる物も多くて、同じ物がいつまでもある上に更に入れるからスペースなし!

結局、ハスクに住んでいた4カ月間のうち、1回しか冷蔵庫使いませんでしたㅠㅠ

 

シューズボックスは、部屋番号ごとに段が分かれているのになぜか勝手に自分の棚に知らない靴がある。

 

共同生活のもどかしさと言いますか、自分のペースで生活できないのって想像以上にストレスだなって思いました。

 

韓国生活でワンルームに引っ越した理由

上のハスクのデメリットを見てもらえればお分かりでしょう。

 

そうです!

共同生活に限界を感じたからです!!

 

コシウォンだとシャワー・トイレは付いてますが、結局洗濯機やキッチンは共同。

何よりあの狭さが無理だったので、コシウォンはアウト。

選択肢はワンルームしかない。

引っ越ししたい一心でワンルームの物件探しまくり、奇跡的に近くの物件に巡り合えて無事引っ越し出来ました!

 

実際に住んだワンルームの部屋

可愛くてきれいな部屋で、見学に行って即決しました。

しかも、家具家電備え付け!!!

〈入口からのイメージ〉

左側にこれまたダブルベッド!!!

どうやら私は韓国ではダブルベッドに縁があるようです♪

しかもハスクのベッドよりもフカフカで寝心地抜群!!!

韓国のワンルームは、基本的にキッチンの下に洗濯機が備え付けられています。
f:id:bm902:20190916183509j:plain

広くないけど狭くもなく、一人で住むにはちょうどいい快適なスペース空間。

 

そして、水回りが良い!!!

なんと温水洗浄便座!!

トイレ事情が未だ発達していない韓国で、まさか出会えるとは思ってなかったのでびっくりでした。

でも、水圧は弱くてペーパーは流せません。

f:id:bm902:20190916184246j:plain

 

一番気に入ったのが洗面台です。

可愛くないですか?

これが気に入って契約したようなもんです。

f:id:bm902:20190916184305j:plain

場所も良くて便利だったので、できればずっと住んでいたかったくらい気に入ったお部屋でした!!

ワンルームのメリット

言うまでもなく、全てが自分のスペースだということ!!

何時にシャワーしようが、トイレに行こうが誰とも被りませんからね!

ハスクからの引っ越しだったので快適すぎて、しばらく家に帰るのが楽しみでした!

ワンルームのデメリット

掃除、食事、ごみ捨て全て自分でしないといけない。

ゴミ袋は地域によって色が違うので、管轄のマートでゴミ袋を買わないといけないです。

(一般ごみ・生ごみそれぞれ袋の種類が違います。)

それなりの値段します。

 

あとは、電気代とガス代の支払いがある。

水道代とネットは家賃に含まれているところが多いです。

ですが韓国の公共料金は驚くほど安いので、そこまで負担になりません。

冬にオンドルを使うと5,0000ウォン以上しますが、それ以外の日常だと平均で1,0000ウォン以下です!

私の場合は、

大体1ヶ月電気代₩7,000/ガス代₩5,000

日本じゃ考えられない金額だったので、見間違いかなと思ったほどです。

1ヶ月ごとの公共料金をまとめたので、こちらもどうぞ

関連記事

Bomi アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・) 韓国ワーホリ生活のうち7ヶ月間をワンルームで過ごしました。 ワンルームに住むとなると掛かってくる費用が「光熱費」   皆さん、韓国の光熱費は[…]

まとめ

それぞれのメリット&デメリットをまとめると、

・ハスクは共同が不便だけど、家賃以外の負担がない

・ワンルームは快適だけど、金銭面でも生活面でも負担が増える。

一人が寂しいからハスクが好きって言う子もいれば、コシウォンは狭いけど全て手の届くところにあるから逆にそれが便利っていう友人もいました。

ハスク、ワンルームに限らずそれぞれ良い点と悪い点があるので、本当に人それぞれなんです(^^)

実際に住んでみてわかることも多いので、まずは気になるところに住んでみてください!

それも韓国でしか味わえない良い経験になりますよ!

最新情報をチェックしよう!