独学で韓国語勉強して発音を習得するコツは、諦めること!?

 

Bomi
アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・)

韓国語のみならず外国語を勉強する上で最も難しいのが「発音」ですよね。

・どれだけ練習しても上手くいかない

・発音の違いが区別出来ない

・そもそも正しくは発音出来てるの?

上記のような悩みを良く聞きます。

 

では、どうすれば発音をマスター出来るのか?

 

 

まずは一旦諦めて下さい

 

 

テジ
諦めたらそこで終わりでしょ?

 

いいえ、発音は後からでも十分上達可能なんです!!

実施に私は中級レベルになってから発音を理解してマスターしているので、今発音が出来ないとお悩みの方でも大丈夫!

理由を詳しくご紹介しましょう。

韓国語の発音は習得するのに時間がかかる

韓国語は文字仕組みで発音が変わるので、まず始めに文字と発音の仕組みを覚えなければなりません。

 

韓国語の勉強をまだ始めていない方は、こちらからどうぞ↓

関連記事

アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・) テジ 韓国語って記号みたいで、なんだか難しそう… こんな声よく聞きます! それはハングルの仕組みがわかっていないから。 ハングルの仕組みさえわかれば、いとも簡単に韓国語を読[…]

 

文字は規則に従って読めばいいので、読めるまでにそこまで時間はかからないです。

(※不規則活用は例外)

 

問題の発音を習得するのにかかる時間は個人差がありますが、大体の人は発音が苦手でなかなか最初から上手く出来ません。

実際に私もそうでしたから。

 

なぜ発音が出来ないのか?

 

それにはちゃんとした理由があります。

日本語には音の種類がない

そもそも私たち日本人が使う日本語には音の種類がありませんよね?

 

日本語は「ひらがな・カタカナ・漢字」という文字の違いがあるだけで、発音の種類はありません。

地域によっての方言があるだけです。

 

それに比べて韓国語は「平音、激音、濃音、鼻音、流音…」など様々な音の種類があります。

 

日本人は言葉の音に区別をつける習慣がない為、口も耳も慣れていないのです。

話す時も日本語同様に平坦な感じになるし、聞き取りも区別出来ない。

 

よく聞く「カタカナ英語/日本語英語」と言われるのもこれが原因です。

私たち日本人にとって外国語の発音をマスターする事は、かなり難しいんです。

発音が出来ないなら諦める

私も文字を覚えた後は、頑張って発音の練習をしていました。

 

テジ
でも正しく発音出来てるのかな?出来てない?
合っているのか間違っているのかわからないですよね。
韓国人に発音を聞いてもらって、
「今のは正解!今のは出来ていない」と言われても何が違うのかわかりませんでした。
わからないという事は、まだちゃんと発音の仕組みが理解できていない証拠です。
その状態でどれだけ頑張ってもなかなか上手くならないんですよね。
だったらもう潔く諦めましょう!!
正しく発音出来ていなくたって大体は伝わります。
発音が出来なかった私が1年間韓国で生活出来たんですから大丈夫です。
基礎だけ頭の隅に入れておいて、後からでも十分発音の習得は可能です。

発音の実力は後から付いてくる

発音をすっ飛ばして勉強を続けて4年目。

基礎すらすっかり忘れていましたが、やっと韓国語の発音の違いを理解出来て正しく発音が出来るようになっています。

 

理由は単純、

 

韓国語の音に耳が慣れたから。

 

勉強し始めた頃は全く聞き取れなかった韓国語も、4年間毎日K-POPやドラマ、バラエティ、友人との会話など韓国語に触れていると知らないうちに耳が鍛えられます。

 

耳が慣れると発音の違いや特徴も耳が拾えるようになってくるので、何もわからなかった頃よりも格段に早く理解出来ます。

特に発音の勉強なんてしていないのに正しい発音が出来るようになっていました。

 

わからない段階で頑張って勉強するよりも楽に習得出来て断然効率が良いです。

まとめ

「発音は最初が肝心」とも言われていますが、全然後からでも習得可能です!

・音の種類を区別するのは時間がかかって当たり前
・完璧に出来なくても伝わる
・後から覚えた方が習得しやすい

 

もちろん最初から発音も完璧にマスターするに越した事はないですが、どうしても出来ないならそこで止まるよりは先に進んだ方が勉強していても楽しいです。

焦らず楽しく勉強を続けていけば気づいた時には発音もマスターしていますよ^^
最新情報をチェックしよう!