韓国語がほとんど出来ないレベルでも韓国語能力試験TOPIK2級に合格した勉強方法

Bomi
アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・)

韓国語能力試験(通称:TOPIK)

コロナの影響で4月の試験が中止になり、日本では7月に70回目の試験が開催されます。

 

元々TOPIKを受験するつもりなんてなかったんですけど、実力試し兼ワーホリ前に少しでもレベルを上げれるように受験しました。

 

ちなみに受験を決意した時の私の韓国語レベルは、自己紹介と簡単な自分の意思表示ができるレベル…

 

全然合格レベルに達していなかったのに、初めての受験で2級に合格出来た勉強方法のコツをご紹介します!

TOPIK対策本を買う

まずTOPIK試験勉強をするには、普段のテキストではダメです!!

 

テジ
いつも使っているテキストでしっかり勉強してれば大丈夫でしょ
Bomi
いやいや、試験用のテキストで勉強した方が早いよ

試験問題は出題方法が決まっています。

この出題方法に慣れておかないと解くのに時間がかかる為、いくら韓国語が上手でも合格するのは難しいです。

 

全て選択問題でひっかけもあったりして、実際に受験してみて実感しましたよ。

特に始めての受験なら試験用のテキストは1冊くらい持ってて損はないです。

 

私が使ったのはこちらのテキスト↓

 

いつも使っていた「できる韓国語」シリーズのTOPIK版です。

 

お気づきの方もいるでしょう。

もうね、私このシリーズのファンなのですよ!

 

本当に読みやすくてわかりやすい!!

試験の出題方法や出てくる文法のまとめ、単語集も付いてるのでこれ1冊で全て済む!

厚さも薄めで持ち歩きやすいA5サイズなところも良いんです。

試験勉強中は毎日バッグに入ってました。

 

TOPIK試験用のテキストは大体どれも分厚くて内容もシンプルな物ばかりで面白くないので、中身が読みやすくて持ち歩きやすさを重視して選びました。

単語は付箋で覚えよう

出題される単語も大体決まっていて、TOPIK用の単語帳も売っています。

有名なのだとこちら↓

ただ、私は単語帳は買っていません。

 

先ほどご紹介した「できる韓国語能力試験」に薄い単語帳が付いているんです。

こんな感じ↓

 

この本に載っているわからない単語をピックアップして、付箋に書き出して単語ポスターを作っていました!

こちら↓

試験までの間ずっとこれが部屋に貼ってある状態です。(笑)

なかなかの作業量でめんどくさいけど、覚えたものは外していくことで目に見えて成果がわかるので私はやる気アップになりましたよ!!

子音ごとにまとめているおかげで、特に漢字語を覚えるのにすごく効果的でした!

 

いつも目に着く場所に貼っておいて、隙間時間に覚える。

おすすめなのでやってみてください♪

最後はひたすら過去問を解く

先ほど、試験の出題方法に慣れていないといけないと書きましたよね?

慣れるには過去問を解くのみ!!

最後はやっぱりこれに尽きます!!

 

私が使っていた「できる韓国語能力試験」にも1回分だけ過去問がついてますが、これだとちょっと不十分なので過去問は別に印刷して使ってました。

 

過去問が印刷できるサイトがあるので、貼っておきますね↓

TOPIK資料

 

聞き取り用の音声も聞けるので、試験同様の練習が出来ますよ。

 

私は過去問3回分ほど印刷して、ひたすら解く練習をしてました。

特に聞き取りが本っ当に苦手だったので、聞き取りをメインに練習してました!

読解はやっていくにつれて答えを覚えちゃいますが、聞き取りは聞けば聞くほど強化されるから私と同じように聞き取りが苦手な方は頑張って繰り返しやってみてくださいね!!

まとめ

こんな感じで3ヶ月前から勉強を始めて、200点満点中/188点で2級に合格出来ました!

私の勉強方法をまとめまると、

・TOPIK対策用の本を買う

・単語を付箋に書き出して覚える

・過去問を解く

単語は独特な覚え方ですが他は基本的なことです。

 

初級レベルにあたるTOPIK1は、この本的なことをやっていればそんなに難しくはないです。

韓国語レベル初心者で初受験の私でも目標である2級に合格出来たので、このブログを読んでくださっているあなたも合格出来ますよ!!

試験日まで計画的に勉強していってください^^

最新情報をチェックしよう!