30歳で韓国へワーホリに行った体験記録(渡韓初日〜1ヶ月目)

Bomi
アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・)

韓国へワーホリに行った初期の頃について書こうと思います。

海外なんてほとんど行ったこともなく、韓国も旅行で2回行っただけだったので、めちゃくちゃ不安だったのを今でも覚えています。

 

孤独との戦い…

寂しくて涙する夜もあった…

 

なんか歌詞でありそうですねㅋㅋ

 

それでも帰国する頃には帰りたくなくて、

今ではもう一度住みたいとすら思っています。

 

当時の不安だった気持ちや心境の変化、状況などを具体的に書いていくので、韓国留学やワーキングホリデーについて不安な方へ少しでも参考になればと思います。

韓国ワーホリ渡韓日〜2日目

もっとも不安で「日本に帰りたい」という感情しかなかった初日〜2日目までを書きますね。

渡韓初日

朝早くにも関わらず空港まで家族全員が見送りに来てくれました。

出国ゲートで別れる時に泣くかなと思ったけど、この時は「とうとう行ける」という楽しみが勝っていて気分も少し長い旅行感覚だったので意外と平気でした。

飛行機でも爆睡。(笑)

この後、不安で泣くとも知らずに…

 

仁川空港に着いてから徐々に不安感が押し寄せて来て、宿舎までのバスなんてドキドキ。

これから韓国での生活が始まる事と、手続きなど考えてたらどんどん不安になってきました。

 

無事目的地で降りれたのは良いものの、スーツケース2個+ボストンバッグ+リュックという、えげつない荷物の量を一体どうやって運べば良いのか…(-_-;)

 

道はガタガタ、全く知らない土地、しかも宿舎がわからず道に迷う、聞きたくても韓国語わからない、携帯は繋がらないという最悪の状況で一気に不安感がピークに達して早くも泣きそうになる。

 

テジ
このままたどり着かなかったらどうしよう

 

この時の感情は、もうめちゃくちゃ鮮明に覚えています!!

 

奇跡的に不動産屋さんが探してくれていて、無事宿舎までたどり着く事が出来たんです。

詳しくはこちらの記事からどうぞ↓

関連記事

Bomi アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・) 「ワーホリ中の部屋はどうやって探せばいいのか?」 「入居の時期はいつがいいの?」 など、初めての外国での部屋探しに悩む方も多いのではないでしょうか? […]

 

空港での入国審査が混雑してたのもあり、宿舎到着まですごく時間が掛かって部屋に荷物を置けたのは夕方。

 

こんなに時間がかかると思ってなかったので、語学学校の手続き、携帯や海外保険の手続きなども全てこの日に予約していたからもう大変!!

 

急いで両替に行って手続きに走り回るハメに!!

 

なんとか全て終わらせて帰宅したら既に夕食の時間が終わってたので、虚しくキンパ買って初日は終了。

韓国に到着してからはずっとバタバタで疲れすぎて、初日で日本に帰りたいと思いましたね。

渡韓1日目〜2日目

手続き系は初日に済ませたので、日用品などを買ったり周辺を散策しに行ったりして過ごしました。

 

一歩外に出れば知らない土地で私は外国人、知ってる人は一人もいないわけで…

韓国語がわからないからコンビニでおにぎり1つ買うのも緊張ですよ。

 

カフェで飲み物を買う時もメニューを読むのに時間がかかるし正しく伝えられるか心配だから、飲めないアメリカーノを注文したり…

大体アメリカーノはメニューの一番上にあるので見つけやすい+注文しやすいんです。

 

一番安いってのもあります!

貧乏生活にはアメリカーノ以外の選択肢はありません。

 

でもアメリカーノばっかり飲んだおかげでコーヒー好きになったよ(・∀・)

 

 

旅行では平気なのに住むとなると、また違った感情になるんですよね。

 

外に出るのがすごく怖かったです。

 

ここまで臆病になる人は珍しいと思いますけどね。(笑)

 

部屋でも一人、外でも一人で孤独感がすごくて、寂しさのあまり連日部屋で泣くという…(笑)

30歳にもなって号泣です。(笑)

 

渡韓前の楽しみや期待の感情は何処へ?って感じでした。

韓国ワーホリ3日目〜2週間目

3日目からは語学学校の授業が始まり、1週間目くらいには韓国生活にも徐々に慣れてきました。

渡韓3日目〜

学校の授業が始まったのでやる事が出来たのはいいけど、思ったよりも全然授業についていけずに焦る。

 

初級だからとナメてたんですけど、渡韓前の勉強で圧倒的に聞き取りが不足していて、いきなりネイティブのスピードについていけなくて心が折れましたね。

 

授業について詳しくはこちらから↓

関連記事

アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・) ワーキングホリデーで渡韓した最初の1カ月間、新村にある「ベストフレンド韓国語学校」の正規クラスに通いました。 実際に通ったからこそわかるリアルな体験談を書いていきます! 学校の詳細[…]

渡韓前に勉強してる方は、聞き取りを強化することを強くおすすめします!

でも学校に通ったおかげで友達が出来て、そのまた友達を紹介してくれたりして、やっと孤独から開放されました。

初めて飲みに出掛けた時は本当に楽しくて、久しぶりに夜中まで遊んじゃいました!!

渡韓1週間目〜

ブログでも知り合った友達とも遊んだり、学校から遠足に行ったり外国人登録の手続きに行ったり、初日の頃に比べるとだいぶ韓国生活に馴染めるようになってきた頃。

 

早くもこの時点で孤独感や寂しさは、微塵もないです。(笑)

 

ただ、相変わらず韓国語は聞き取れず…

 

よく行くダイソーやマートのレジで聞かれる韓国語は理解できるけど、それ以外は全くダメ。

 

1週間そこらで上手くなるわけがないんですけどね、授業についていくのも必死でした。

 

 

午前中に少し予習をして午後から学校で授業を受けて、夕方帰宅してから宿題をして夜は遊びに行く。

なかなか充実しだしてましたよ〜♪

渡韓2週間目

もはや気分はもうすっかり韓国人です( ̄▽ ̄)ㅋㅋ

 

行動がアクティブになってきて、輪を広げようと交流会など人が集まる所に行ってました!

詳しい交流会についての記事はこちら↓

関連記事

Bomi アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・) 韓国へワーホリに行った最初の3ヶ月は、韓国人の友達を作る為に積極的に交流会に参加しました! 正直、交流会に良いイメージを持っている人は少ないと思います。 そこで、韓[…]

 

始めて韓国人の友達が出来て、韓国で生活してる実感が湧き出したのも2週間目くらいですかね。

 

行動範囲はまだ家の近所付近だったけど、新村だったので弘大に行けば遊ぶところも多いし、梨大に行けば買い物もできるしめちゃくちゃ楽しんでました!

 

と同時に徐々に勉強が疎かになっていく…

韓国ワーホリ〜1ヶ月目

最低限の資金しか持って来ていなかったので、韓国に到着してからずっと毎日仕事探しをしていて、1ヶ月目にしてバイト先が決まり働くことになりました。

詳しくはこちらからどうぞ↓

関連記事

Bomi アンニョンハセヨ!Bomiです(・∀・) 海外へワーキングホリデー に行くには、大体80万〜200万くらい貯金をして行く人が多いと思いますが、実は私… たった40万円で韓国へ行って1年間過ごしました。 […]

 

よって学校は1ヶ月だけで終わり。

 

もちろん韓国語の実力は伸びていない。

 

正直、授業も楽しめてなくて最後らへんは「早く終わってくれ」としか思ってなかったです。

 

テジ
モチベーションを保てないのは、語学学校あるあるです!

 

無事バイトが見つかったことへの安心感と、新たに環境が変わる事への楽しみが大きかったですね!

 

私の目的は韓国語を学びに留学に来たわけではなくて、海外で現地人と同じように仕事をして暮らしてみたいという事が目的だったので職場が決まった事は何より嬉しかったし、生活していけるという安心感。

 

語学学校はいつまで続けるか決めてなかったけど、結局アルバイトが決まるまでの繋ぎになりました。

まとめ

渡韓から1ヶ月目までの状況や心境を簡潔にまとめると、こんな感じです。

・初日〜2日目:孤独と寂しさとの戦い

・3日目〜:友達が出来て少し慣れてくる

・1週間目:寂しさゼロ!楽しい!

・2週間目:すっかり韓国に馴染む

・1ヶ月目:学校終了/バイト開始

 

心境の変化が凄まじく、当時のブログを読み返していても一番面白い時期ですね!

 

最初の頃に「読み返した時に最初はこんなんだったなって笑えればいいな」って書いてるんですけど、1週間で達成してますから。(笑)

 

留学やワーホリに行く前に不安な方、

すでに現地で孤独や寂しさで辛い方、

必ず楽しくなるので気を落とさずに乗り越えて下さいね!!

1ヶ月目以降のことも別記事で書いていきますので、お楽しみに^^

最新情報をチェックしよう!